東九州・大隅半島の旅

この土日は九州へ出かけてきました。
3月に日帰りで博多に行って以来です。半年開いただけでひさびさな感じです。

金曜の20時に仕事から上がって、新幹線に飛び乗って小倉へ向かい1泊。

翌日は早朝の「にちにん」に乗って、日豊本線へ。
大分までは乗ったことがあったのですが、その先は初めて。
昨年宮崎へファーム日本選手権を観に行った時に乗るはずだったのですが、災害不通で断念したもので。

小倉から宮崎までは5時間の長旅。広島-東京間ののぞみ以上です。

ただ、今回乗ったのはDXグリーン車。
グリーン車のさらに上(といいながら、グランクラスには敵わない感じですが)。1編成に3席。
リクライニングとフットレストの可動域が大きいので、フラットに近い状態でくつろぐことができました。
もちろん、お値段もそれなりにします。ボク以外の2席は結局ずっと空いてましたし。

その後、昼を跨いで日南線に乗り継ぎ。

駅弁を買って乗り込んだのですが、車内は座れない人が出るほどの混雑。学生と観光客が多かったです。

途中の青島でようやく落ち着いてきて、ようやく弁当を広げることができました。美味しゅうございました。

日南線に乗り込んだと言うと、日南キャンプ見物? と思われるかもしれませんね。
車窓からは天福球場が見えましたし、満車の駐車場も見えましたが、今回はスルー。

列車に揺られること2時間半。終点の志布志駅まで乗り切りました。こちらは鹿児島県。

フェリーターミナルまで出向いてレンタカーを借り、ここからは灯台巡りの旅。

まずは、一度宮崎県に戻って、都井岬へ。
こちらの灯台は50選のひとつ。中に入ることもできます。
夕陽に映える灯台も美しかったです。
岬の周辺では、野生の馬も見ることができます。

昨夜の宿は、内之浦という町の国民宿舎。
近くにはJAXAのロケット関連の施設もあって、行きたかったのですが、今回は時間の都合で断念…。

今朝は、8時前に宿を出て、一路南へ。

この旅のメーンイベント、佐多岬です。
九州最南端。
こちらの灯台は少し離れた展望台から眺めるしかないのですが、なかなかの絶景でした。

そこからトンボ帰りで鹿児島へ。

途中、鹿屋のみなと食堂で昼食。
GWに八戸のみなと食堂に行くために調べてた時、こちらもよく出てきたんですよね。まさか、今年のうちに訪れることになるとは。
名物はカンパチの漬け丼。

錦江湾をずっと北上していくと、桜島の姿がだんだん大きくなってきました。
噴煙が絶えず上がっててすごい迫力。

最後は桜島フェリーで鹿児島に渡って、この旅は締めくくり。

駆け足でしたが、充実した旅になりました。さすがに身体は疲れましたが。

次は薩摩半島ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です