2018みちのくひとり旅①〜三陸の旅・前編

これから数回に分けて、GWに行ってきた東北の旅の報告を。
少し順番が逆になりますが、今回のメイン、三陸の旅から。

今回の三陸の旅の始まりは、八戸線の階上駅から。
こちらは、7年前、まさに震災のあった2011年ですが、その時に八戸を旅した際に訪れた駅です。
当時、八戸線はここまで運行していました。
なので、ここから先が初めて訪れるところ。
ちなみに、八戸線は新型車両が使われていて、乗り心地は良かったです。

最初に訪れたのは、久慈市。
「あまちゃん」の舞台・北三陸市のモデルとなった街です。
駅前には、ドラマにも度々出てきた駅前デパート(ドラマでは観光協会が入っていました)。
取り壊しが決まったと聞いていたので、まだ残っていてラッキーでした。
潮騒のメモリーズの看板もしっかり飾ってありました。

まずは、駅の近くにある「あまちゃんハウス」へ。

北鉄・北三陸駅のセットなどが展示してあって、テンション上がりまくり。

その後、レンタカーを借りて、久慈市内と近郊をドライブ。

もぐらんぴあ(水族館)や琥珀博物館も面白かったのですが。

やっぱり、袖が浜のモデルとなった小袖海岸が一番でしょうか。
こちらは、夏場は実際に海女さんが潜っているのを見ることができるんだそうです。

港には「じぇじぇじぇ発祥の地」の碑。

そこから車を南に走らせて、三鉄・堀内駅へ。
こちらは、あまちゃんでは「袖が浜駅」のロケ地でした。
奥のトンネルに向けて「アイドルになりた〜い!」と絶叫……はしてません。

ちなみに、堀内駅の少し先に、大沢橋梁という三陸鉄道随一の絶景スポットがあるのですが、天気が悪くて良い画が撮れませんでした。

時間が余ったので、足をもう少し伸ばして、岩泉町の龍泉洞へ。
立派な鍾乳洞でした。中はひんやり。

と、雨に濡れたり体を冷やしたりしてたら、その日の晩から風邪をひいてしまいました…。

翌日は朝から三鉄に乗って宮古へ移動。
車中は地元の学生や観光客がそこそこ乗っていました。
途中の絶景スポットでは一時停車して、撮影タイムを作ってくれるサービスも。

宮古でレンタカーを借りて、早目の昼を取った後、最初に向かったのは魹ヶ崎。
本州最東端の地です。
宮古から車で1時間かけて最寄りの駐車場(姉吉キャンプ場)まで行き、そこから山道を1時間かけてたどり着くことができます。

3.8kmの遊歩道のうち、最初の500mは急な登り坂(裏を返せば帰りの最後は急な下り坂です)。一気に100mの標高を上がります。
途中、20〜30mくらい登ったところに、津波到達を示す標識が。とりわけ狭い入り江ではありましたが、津波の猛威に言葉を失いました。

風邪気味だったので、往復2時間の歩きをこなすことができるか不安もありましたが、最初の登りを過ぎれば後はとても歩きやすい道でした。
行きはかなり雨に降られましたが、灯台に着く頃には雨も止んで、清々しい空気に包まれました。
でも、やっぱり疲れたか。

宮古市内に戻り、宮古随一の景勝地・浄土ヶ浜へ。
遊覧船にも乗って、ゆっくりと景色を楽しみました。
やっぱり寒かったですけど…。

宿は宮古市役所近くの旅館へ。
貸切風呂にゆっくり浸かって、温まってから、夕食のため街へ。

商店街には大漁旗が。
美味しそうな気になる店もたくさんありました。
食べたもののご報告は、また改めて。

続く…

旅は計画も楽し

最近もあちこち出かけています。

今月に入ってひとつ目の旅は関西へ。
第一の目的は悪天候のため果たせなかったので、こちらは改めてということにしましたが、代わりに姫路城に行ってきました。やっぱ白かったです。

そして、立て続けに、こんどは津和野へ。
こちらは好天に恵まれました。

こちらのお目当のひとつは、乙女峠。
明治初期、長崎から送られたキリスト教徒の迫害があった場所で、今は小さな聖堂が建てられています。

そして、もうひとつのお目当は、SLやまぐち号。
子どもの頃からの憧れでしたからね。

そんなこんなで、あちこち出かけていますが、メーンイベントはこれから。
いよいよGWです。

今年のGWは三陸へ。

準備も詰めの段階なのですが、この時点で二つほど、思い通りにいかないことが出てしまいました。
ひとつは、帰りの新幹線、東京から広島までグリーン車が取れなかったこと。グリーン車と言っても、ネット予約のポイント特典で普通車と同じ料金の限定席が取れなかったのです。事前申し込みをしていたのですが、それでも少し遅かったようです。まあ、普通車でも一番後ろの席が取れたので、リクライニングをしっかり倒して寛ぎますけどね。
もうひとつは、行きたかった居酒屋を予約しようとしたら既に満席だったこと。こちらは完全に出遅れでした。こちらは別の店を探しましょう。

それを除けば、準備は万端です。
行きの飛行機を取って、宿を押さえて、レンタカーを予約して、見て回るところをだいたい決めて、食べるものもしっかり調べて…。

そして、最大の準備、というか予習。
「あまちゃん」を通しで観ました。

リアルタイムではほんの少しだけ見たんですけどね。鈴鹿ひろ美が海女カフェで歌った回とか。
ただ、中身はほとんど知らなかったので、楽しんで見られました。
ホントに面白かったです。
アキちゃんかわいいし。夏ばっぱかっけーし。
個人的には、吉田くんの小ネタがツボでした。
早く北三陸(久慈)、袖が浜(小袖海岸)に行きたくなりました。

さて、出発まであと1週間。それまではしっかり働きましょうか。

と言いながら、GW以降の旅のプラニングに一生懸命だったりして(笑)

四国の真ん中にて

大歩危峡に来ています。

この週末は、こちらの宿でお籠り。
今年度担当してきた仕事がほぼ片付いたところでの温泉旅行です。
最近は何かにつけてご褒美旅行ばかりやってる気もしますが。

先週末思い立って、最初に宿をパッと決めました。
それから、行きすがら香川でうどん屋を2〜3軒回ってこようかなとプランを練ってたのですが。
土讃線沿いに行くんだったら「四国まんなか千年ものがたり」がある、というのを思い出しまして。
駅の窓口で聞いてみると、そこそこ良さそうな席が空いていたので、こちらも予約。

てなわけで、即席ながらなかなか盛りだくさんの週末旅計画が完成しました。
最近、家でのんびりしてる時は、旅行のことばかり考えているような…。

今朝は、二日酔いの頭を抱えながら、6時過ぎの新幹線で広島を出発。
岡山で瀬戸大橋線に乗り換え、1年ちょっとぶりの四国へ。

ちなみに、昨年は珍しく四国へ一度も行かなかったんです。
九州や北海道には行ったというのに。

まずは、丸亀で朝食のうどんを一杯。
朝からおおくのお客さんで賑わっている店で、名物の肉ぶっかけうどんを。

そして、多度津駅へ移動し、本日ひとつ目のメインイベント、四国まんなか千年ものがたり・そらの郷紀行へ。

今日は若干の空きがありしたが、たくさんのお客さんでした。
同じテーブルには静岡からやって来た乗り鉄のお兄さんと福山からの初老の仲良しご夫婦。

途中、琴平駅にて料理の積込みなどを行う間、一旦列車を降りて、専用の待合室へ。
ウェルカムスープをいただきました。

琴平を出発後程なく、事前に申し込みをしていた料理が運ばれてきました。
そらの郷紀行は洋食。
冷製の4皿の後で温かいものも出てきます。

ちなみに、今日は幸いにして(?)地ビールが品切れだったので、誘惑に負けずに済みました。
まあ、この後温泉に入るので。

国境の少し長いトンネルを抜けると、この列車の目玉のひとつ、坪尻駅。
車では行くことのできない、数時間に1本の列車か国道からマムシの出るような山道を10分ほど歩く他辿り着くことができない、知る人ぞ知る秘境駅です。

ちなみに、この駅がマニア心をくすぐるのは、スイッチバック駅でもあること。
(今回の旅までここにスイッチバックがあるなんて知らなかったので、ボクの鉄分もたいしたことありません。)

スイッチバックの方向転換のために運転手さんが車内を通る際には、みんな拍手でお出迎え。
こんな雰囲気もこの列車の楽しみのひとつです。

食事もほぼ終わる頃、列車は急坂を下り、吉野川を渡って阿波池田へ。
ここで小休止して、ホームでの買い物タイムです。
駅長さんを囲っての写真撮影会もやってました。
池田を出て最後の40分は、狭隘な渓谷を眺めながらのコーヒー&車内販売タイム。

そして、13時前に終点の大歩危駅に到着。
べっぴんアテンダントさんに見送られながら、後髪を引かれる思いで列車を降りました。

ちなみに、この列車の旅を楽しく盛り上げてくれるのは、地元の人のおもてなし。
沿線では、沢山の人が笑顔で手を振ってくれます。
ボクも、観光施設の人と一緒に帰りの便(しあわせの郷紀行)を見送りました。

列車を降りてからは、宿のチェックインまで多少時間があったので、遊覧船で大歩危峡の景色を楽しんできました。

そして、一番にチェックインして、ここからが本当のメインイベント。
ひとっ風呂浴びて、あとはお籠りです。
料理とお酒も楽しみ。
というわけで、今宵は骨抜きになります。

明日は高松でうどん食べて帰ります。