美作〜山陰・鉄の旅

少し前の話、というか、前回の更新直後なのですが、またまたちょっとした遠出をしてきました。

岡山県の北部と山陰の鉄道旅。

以前からいろんなルートで案を作っていたのですが、豪雨災害での運休や、土曜日に仕事に出る出ないの一悶着などで、行こうか行くまいか直前まで迷っていました。
結局、2日前の木曜日にルートを決め、宿と列車を予約し、土曜の早朝に出発しました。

今回の旅のスタートは新見駅。
一昨年末に芸備線を端から端まで乗った時にも立ち寄りましたが、あの時は途中下車できなかったので、駅近辺をぶらぶらしたのは初めて。

そこから、前日に復旧したばかりの姫新線に乗って津山に向かったのですが、当日未明に降った雨の影響で、出発が遅れた上に徐行運転。
津山ですぐに乗り継ぐつもりだったのですが、2時間半ほどの待ち時間ができてしまいました。

というわけで、予定を変更して、津山でやりたかったこと二つを実行。

ひとつは、津山名物ホルモンうどんを食すこと。
ビールを飲みたくなりましたが、我慢しました。

もうひとつは、津山まなびの鉄道館を訪れること。
かつての扇状車庫です。

ちょうどいい感じで時間を潰せたところで、津山駅から因美線へ。
のんびり鈍行の旅で、3時間ほどで鳥取へ。
これにて、鳥取県内のJR線もコンプリート。

鳥取では駅前の酒場で、名物のモサエビ刺身をいただきました。
左手はとうふちくわとあごちくわ。

翌日は、観光列車あめつちに乗って西へ。

笑顔が素敵な車掌さんがご案内。
(さすがにご本人のお許しを得てないので、お顔は遠慮。)

まだ午前中にも関わらず、旅のお供は外せません。

好天にも恵まれ、最高の景色を楽しむことができました。

ただ、鳥取から出雲市まで、4時間はちょっと長かったですね。
酒に酔ったのか乗り物に酔ったのか、出雲市に着いた時は疲れが出てしまったので、そのまま帰りのバスに乗り込んでしまいました。
美味しい蕎麦を食べたかったのですが、またの機会ということで。

それと、津山を経由する別ルートも、なるべく近いうちに行こうと思っています。
これは、理由あって平日に行きたいので、タイミングを見計らわなければいけませんが。

そして、今度の週末は、この夏? 秋? のメーンイベント。
隔週で何処かに行ってます。
また報告しますね。

夏の終わり

全く更新しないまま、8月が終わってしまうところでした。

先月はいろいろあってキャンセル続きでしたが、今月は、前々から決めていた遠出を実行しました。

まず、今月あたまは四国の旅。

メインは、香川・三豊市にある津島ノ宮。
瀬戸内海に浮かぶ小島にある神社で、毎年8月にある例大祭の2日間だけ橋が渡れるという珍しいスポット。

それに合わせて、JRも臨時駅を開設します。

この旅では、JR四国3日間乗り放題の「バースディきっぷ」を活用してあちこち行きました。

高松で釜バターうどんを食べ、

徳島駅で46都道府県JR県庁所在地代表駅コンプリートを達成し(ついでに、JR四国もコンプリートしました。)、

高知の酒場で鰹とウツボのたたきを食し、

松山で「黄色の蛇口」を体験しました。

盆明けは東へ。

前日の飲み会からの人生最大の二日酔いを引きずりながら、最後の六本木スヌーピーミュージアム訪問を果たし(町田にまた新しいのが出来るんですね。行かなくちゃ。)、

とんぼ返りで関西へ。
京都で誕生日を祝ってもらいました。

と、なんだかんだ充実した8月でした。

今日は、午後に通り雨が3度もありました。
どれもものすごい雨。
夏の終わりでしょうか。これから涼しくなってくれれば良いのですが。

狂った夏

豪雨から2週間が経ちました。
道路の方は大部分復旧して、コンビニやスーパーの品薄状態はだいぶ解消してきました。
とはいえ、まだまだ行方不明の方、避難所暮らしが続いている方がいらっしゃるわけで。

先週の三連休は、高野山への旅行を計画していたのですが、断念。
自粛というより、仕事で動員の可能性があったからです。

高野山は、今年の2月も大雪で断念して、続けての直前断念となりました。
秋には行けるかなぁ…。

今週は、遠方からの来客を招いて、鞆の浦・尾道おもてなしの旅の予定でした。

2か月前から宿を取っていたのですが、そんな中で今回の豪雨。
先方からは「行っても大丈夫か?」と言われましたが、むしろこっちでお金を落としてくれ、と説いて、予定どおり開催することにしていました。

と言いながら、予定に組み込んでいた鞆の浦〜尾道の航路は、海上のゴミの影響で運休のようですが。

そして、昨日朝、待ち合わせの福山駅へ向かっていたのですが…。

なんと、メンバーのひとりが骨折して入院することになったとの連絡が…。

というわけで、こちらの旅も中止となりました。

ボクはひとり、宿のキャンセル料(10万円!)の支払いがてら、鞆の浦に行ってきました。

ちょっとだけ町をぶらぶら歩きましたが、暑かったです…。

鞆の浦は、父方が福山なので子どもの頃からよく訪れているのですが、大人になってからじっくり訪れたのは3回目。

1回目は、入社3年目の職場旅行で。
この時は、金曜の夕方に貸切バスで職場を出て、鞆の浦に宿泊したのですが、翌朝、倉敷に向かう本隊と福山駅で別れて、課長、係長と3人で新幹線で広島に戻り仕事をしました。

2回目は、交際する一歩手前だった女性とのデートで。
鞆の浦では何もなかったのですが、そのちょっと後に上手くいきませんでした。

そして、今回、まさかの中止。
よほど相性が悪いんでしょうか…。

鞆の町の人出は、やはり少なめでしたね。
尾道も閑古鳥が鳴いているようです。
直前までJRが止まったり断水だったりしたようですが、今は復旧しています。
外を歩くには暑いですが、むしろこの機会に訪れて欲しいものです。

今日の晩酌は、鞆名産の保命酒。お店の人に勧められたソーダ割りで。