狂った夏

豪雨から2週間が経ちました。
道路の方は大部分復旧して、コンビニやスーパーの品薄状態はだいぶ解消してきました。
とはいえ、まだまだ行方不明の方、避難所暮らしが続いている方がいらっしゃるわけで。

先週の三連休は、高野山への旅行を計画していたのですが、断念。
自粛というより、仕事で動員の可能性があったからです。

高野山は、今年の2月も大雪で断念して、続けての直前断念となりました。
秋には行けるかなぁ…。

今週は、遠方からの来客を招いて、鞆の浦・尾道おもてなしの旅の予定でした。

2か月前から宿を取っていたのですが、そんな中で今回の豪雨。
先方からは「行っても大丈夫か?」と言われましたが、むしろこっちでお金を落としてくれ、と説いて、予定どおり開催することにしていました。

と言いながら、予定に組み込んでいた鞆の浦〜尾道の航路は、海上のゴミの影響で運休のようですが。

そして、昨日朝、待ち合わせの福山駅へ向かっていたのですが…。

なんと、メンバーのひとりが骨折して入院することになったとの連絡が…。

というわけで、こちらの旅も中止となりました。

ボクはひとり、宿のキャンセル料(10万円!)の支払いがてら、鞆の浦に行ってきました。

ちょっとだけ町をぶらぶら歩きましたが、暑かったです…。

鞆の浦は、父方が福山なので子どもの頃からよく訪れているのですが、大人になってからじっくり訪れたのは3回目。

1回目は、入社3年目の職場旅行で。
この時は、金曜の夕方に貸切バスで職場を出て、鞆の浦に宿泊したのですが、翌朝、倉敷に向かう本隊と福山駅で別れて、課長、係長と3人で新幹線で広島に戻り仕事をしました。

2回目は、交際する一歩手前だった女性とのデートで。
鞆の浦では何もなかったのですが、そのちょっと後に上手くいきませんでした。

そして、今回、まさかの中止。
よほど相性が悪いんでしょうか…。

鞆の町の人出は、やはり少なめでしたね。
尾道も閑古鳥が鳴いているようです。
直前までJRが止まったり断水だったりしたようですが、今は復旧しています。
外を歩くには暑いですが、むしろこの機会に訪れて欲しいものです。

今日の晩酌は、鞆名産の保命酒。お店の人に勧められたソーダ割りで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です