高野山・九度山へ

今年最後の旅は、念願の高野山へ。
まさに4度目の正直を叶えました。

早朝の新幹線で広島から大阪に向かい、難波から9時発の南海のこうや号に乗車。
レトロ感たっぷりの車両です。

ケーブルカーとバスを乗り継いで、11時前に高野山へ到着。
山の上には、東西に細長い盆地が広がっています。
西端にある大門から順に見て回りました。

壇上伽藍、金剛峯寺、女人堂など、初日のうちにほとんど見て回りました。
山内はバスも走っているので、バスと徒歩を上手く組み合わせれば1日でも主要なところを全て見ることができると思います。

ただ、今回の大きな目的は、宿坊に宿泊すること。
15時過ぎにチェックインして、のんびり過ごしました。

夕食は、精進料理。
定番の湯葉や胡麻豆腐はもちろん、豪華な料理が並びました。
中でも秀逸だったのが、無花果の揚げ出しと、蕪の風呂吹き。たいへん美味しゅうございました。
そして、デザートの柿は、完熟でとぅるんとぅるん。
お腹いっぱいになって、19時過ぎには寝付いてしまいました。

翌朝は、6時半から本堂でのお勤めに参加。

そして、奥の院へお参り。
朝の澄んだ空気に、心が洗われる思いでした。

その後、昼前の電車で下山。

途中、九度山を散策。
関ヶ原の合戦で敗れた西軍に与した真田昌幸・信繁(幸村)父子が流された地です。

考えれば、今年もいろんな場所に行きましたが、最初は上田の真田の郷だったんですよね。
年の初めと締めくくりが、真田がらみとなりました。
というわけで、その後、大阪に戻ってから……

幸村最期の地、安居神社を訪れ、この旅を締めくくりました。

さて、2019年もいよいよ終わりますね。
今年はもう遠出をすることは無いでしょう。
これから大掃除をしなければいけませんし、忘年会もありますしね。

ただ、この年末年始は9連休。
というわけで、年明け、早速、大きな遠出を企んでいます。
ホント、遊んでばかりです(笑)

能登の旅

今年は、夏休みを使った旅は企画しなかったのですが、先月、今月と三連休を目一杯使って旅してきました。

今回は、能登へ。

金曜の仕事を終えてから、その日のうちに金沢へ移動。
翌朝、レンタカーを借りていざ出発。

能登に入る前、金沢市内にある大野灯台を訪れました。
金沢の港を守る、四角い灯台です。

そこから、車を飛ばして北へ。

途中、千里浜なぎさドライブウェイへ。
砂浜を走ることができる、珍しいドライブウェイです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこから、羽咋の気多大社に立ち寄ったあと、旧福浦灯台へ。
日本最古と言われる木造灯台です。
この日は好天にも恵まれ、灯台の白がよく映えました。

その後、能登金剛、世界一長いベンチ、トトロ岩、総持寺祖院を訪れ、輪島の街へ。
海鮮丼を食べ、能登キリコの山車を見て、輪島塗芸美術館を訪れ、のと鉄道の旧輪島駅を見に行きました。

ちなみに、輪島の次はシベリアなんだそうです(笑)

能登は、本当に見所がいっぱい。
ここまで説明を端折り気味にしていますが、フォトジェニックなスポットだらけなんです。

特にすごいと思ったのが、白米の千枚田。
細長い田んぼのひとつひとつに、青々とした稲が育っていました。

そして、この旅最大の目的地、禄剛埼灯台へ。
能登半島の先っぽです。

この日の宿は、見附島近くの温泉宿へ。

翌朝は、恋路海岸などに立ち寄ったあと、九十九湾の遊覧船へ。

40分の乗船でしたが、予想外に楽しかったです。
能登を旅されるなら、ぜひお立ち寄りを。

その後、大行列の回転すし屋で昼を取り、おやつにジェラートを食べて、能登空港でレンタカーを返し、バスで穴水駅へ。のと鉄道の終着駅です。
ここからは乗り鉄の旅。

まずは、のと鉄道の観光列車、のと里山里海号。

車窓からの美しい景色を眺めながら、のんびり走ります。

続いて、JRの観光列車、花嫁のれんで金沢へ。

こちらのお目当ては、事前に予約していたほろ酔いセット。
お酒も料理も、美味しくいただきました。

駆け足の紹介でしたが、大満喫の能登の旅でした。
今度は、もっと美味しいもの食べに行きたいな。お腹の調子をしっかり整えて。

あと、金沢には2泊したのですが、今回もあまりゆっくり観光しないままでした。
こちらもまた改めて。

ちなみに、最終日は福井で蕎麦を食べ、九頭竜湖まで乗り鉄の旅をしてきました。

伊勢湾〜潮岬 灯台&乗り鉄の旅(後編)

続きは、早朝の志摩半島灯台巡りを終えたところから。

伊勢市から松坂へ移動して、朝食を取った後、ここからは乗り鉄の旅へ。

最初は、名松線へ。
2009年に台風で甚大な被害を受け、廃線の危機に直面したものの、沿線自治体の支援により2016年に復旧しました。

松阪から1時間半かけて、終着の伊勢奥津駅へ。
ここから連絡する交通機関も無いので、ほぼ単純往復の旅です。

途中の家城駅では、今時珍しいタブレットの交換を見ることもできます。

行きの車中は乗り鉄4人+地元の人数名と10人に満たない状況でしたが、帰りは途中で高校生が大勢乗ってきて、超満員状態に。
地元にとっては欠かすことができない足なんですよね。

この日のランチは駅弁。
松阪牛の弁当です。証明書付き。
名松線に乗る前に予約しておいたものです。
美味しくいただきました。

この日、もうひとつの乗り鉄の旅は、亀山駅を訪れること。
関西本線と紀勢本線の分岐駅で、かつては大いに賑わったそうですが、三重県中南部方面の列車が伊勢鉄道を経由するようになってからは往来する列車は減ったようです。
ですが、名古屋方面、津方面、奈良方面の始発駅として、まだまだ賑わっていました。

この日の晩は、津駅前のホテルに宿泊。
晩は近くの居酒屋で、地元の鮮魚や津ぎょうざ、伊勢うどんのカルボナーラなどをいただきました。

最終日は、潮岬を目指して紀勢本線を乗り潰す旅。
まずは、特急南紀に乗って、JR東海側の紀勢本線へ。
この日は、紀勢本線開業60周年の記念列車が運行されるということで、それ目当ての人がたくさん乗っていました。

終点の紀伊勝浦まで3時間。
そこから鈍行に乗り換えて1時間弱。

ようやく、紀伊半島、そして本州で一番南にある駅、串本駅に到着しました。

まずは駅前の店で腹ごしらえ。
かつお茶漬けをたっぷりいただきました。

そして、念願の本州最南端、潮岬へ。
ようやく好天に恵まれ、白亜の灯台を美しく撮ることができました。

もうひとつ、橋を渡って、紀伊大島にある樫野埼灯台にも行ってきました。

そして、最後は特急くろしおに乗って、JR西日本側の紀勢本線へ。
新大阪までの3時間半は、ネットの早割で買ったグリーン車に乗って、贅沢に締めくくりました。

(おまけ)

今回の旅の本番に入る前、岐阜・多治見に足を伸ばして、信濃屋のころうどんを食べてきました。これは美味かった。
あと、名古屋市内某所で高田◯次を見ました(笑)