香椎線から志賀島

頭と心が煮詰まりつつあったので、身体の疲れに目を瞑って、日帰りで福岡へ行ってきました。

まずは、槍ようなごぼう天の乗ったうどんで朝の腹ごしらえ。

そこからバスに乗って宇美駅へ。

宇美駅の近くには、応神天皇が生まれた地とされる宇美八幡宮があります。
宇美=うみ=産みということで、安産の神様なんだそうで。

宇美駅は、香椎線の南側の終端駅。
ちなみに、香椎線はJRで唯一、起終点両方の駅が他路線との接続が無い路線。
今回はこの香椎線を端から端まで乗ってきました。

途中、香椎駅で列車を乗り継いで、香椎線北側の終端駅である西戸崎駅へ。
海の中道の先っぽの方にあります。

そこから1時間ほど歩いて、志賀島へ渡りました。
金印が出た場所として教科書に出てくる島です。

島に渡ってすぐの集落にある、中西食堂へ。
12時半過ぎに行ったところ、少しだけ順番待ちしましたが、許容範囲内。

お目当ては「サザエ丼」。
今回は、そのデラックス版(サザエ増量)の「曙丼」をいただきました。
ビールが欲しくなりましたが、禁酒中なのでガマン…。

せっかくなので、金印が出てきた場所も訪問。
金印公園として整備されています。

そして、市営渡船に乗って、G20財務相会合でものものしい雰囲気の福岡市内へ戻り、そのまま暗くならないうちに広島へ帰りました。

たっぷり歩いて、いい運動になりました。
来月の3連休までは遠出できそうにないので、その間は大人しく過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です